テニス素人の主婦がたったの30分でラリーができるようになった! 神谷流テニス最速上達法とは・・

テニスコートの種類

テニスコートの種類は一つではありません。

広さは
・縦23.7メートル
・横8.23メートル(ダブルスは10.97m)
と規格で決められていますが地面の材質の
違いによって種類が異なります。


◇ハードコート◇

材質:アスファルト、化学樹脂コーティング
されたセメント。

維持管理のための費用や手間がかからず
世界でもっともポピュラーなコートとなって
います。

表面は文字通りハードで、ボールが速く
弾むという特徴があり、ストロークより
ボレーに向いているコートといえます。

雨が降っても表面が乾きやすいので、
プレイを中断する時間が短くてすみます。


◇クレイコート◇

材質:土(クレイ)

レンガを砕いた粉や、砂が用いられる
ことが多いようです。

ボールが弾力を持つので、プレイ中
疲労がたまりにくいのが特徴。

ヨーロッパでポピュラーなコート。

ただ悪天候になると水はけに時間がかかり
プレイの中断時間が長くなってしまうと
いうデメリットも。

また維持や管理に手間がかかるのも特徴。


◇オムニコート(砂入り人工芝)◇

材質:砂入りの人工芝。

雨や風でもコートが荒れにくく、維持や
管理に手間がかからないのが特徴。

天候の変化が激しい日本で特に普及して
います。

表面に弾力があるので、プレイ中に疲労が
たまりにくい。


◇グラスコート◇

材質:天然芝。別名ローンコート。

球足が最も速く、ボールの弾みが少なく
動きが不規則になりやすいのが特徴。

どちらかというとサーブやボレーの得意な
プレイヤーに有利なコート。


◇カーペット◇

屋内にあるテニススクールなどでよく目に
する、じゅうたん素材を敷き詰めたコート。

維持や管理に手間がかからず、球足が速い
という特徴があります。

Posted by gswin : 20:09 | Page Top ▲

テニスのガットが切れたら

ゲーム中にテニスラケットのガットが
切れてしまったらどうしたらよいので
しょうか。

ガットは、簡単に言うとテニスラケットの
網のこと。

ナイロンポリエステル、羊の腸(ナチュラル)
といった材質で出来ている糸のことで、材質
によって寿命も異なります。

いずれの材質でも最長の寿命はおよそ3ヶ月。

テニスのゲーム中にガットの寿命が訪れ、
切れてしまった場合、原則としてその
ポイントが終わるまでそのままでプレイ
し続けなくてはいけません。

大切な時に切れてしまわないように、日ごろ
からこまめにメンテナンスをすることで
ゲーム中にプレイに集中できるようになり
ます。


ガットが切れた場合、慣れている人であれば
専用の機械"ストリングマシーン"を使って
自分で張りなおしするようです。

テニス初心者には少し難しいので、スポーツ
ショップやテニス専門ショップなどで張り
直しを依頼したほうが確実でしょう。


上記で触れたとおりガットの糸には
いくつか種類があります。

◇ナイロン
もっともポピュラーな素材で、値段も
安い。

◇ポリエステル
耐久性に優れているのが特徴。

ガットを柔らかく張ればボールがよく
飛び、硬く張るとスピンをつけやすく
なるなど、張り方でボールのコントロー
ルを調節することができます。

◇ナチュラル
羊の腸を用いているため他の素材に
比べると高めの値段。


試合前のチェックではガットは切れて
いなくても、長時間の試合になると
途中で切れてしまう可能性も出てきます。

メンテナンスを定期的に行い、試合の
際は最後にメンテナンスを行ったのは
いつだったか考え、そろそろ危ないと
思ったら若干タイミングが早くても
ガットを交換するというのも一つの
手です。

ガットの張替え時期ですが、春または
秋がオススメです。

これは、気温が極端に低かったり高かったり
すると素材が伸縮しやすくなるためです。

テニス初心者の方は、ラケットを購入する
時に店員さんにガットの張替えについて
質問してみるとよいでしょう。

Posted by gswin : 20:09 | Page Top ▲

テニスのサーブを上手に打つポイント

テニス初心者の練習方法ですが、まずは
サーブの打ち方から始めましょう。

サーブはゲームで最初のショットですが、
プレイヤー同士が静止したまま行う唯一の
アクションです。

つまり、パワー・スピード共にベストの
ショットを打つことができれば、ゲーム
主導権を握りやすくなります。

かといって、ただ力任せに打って練習を
繰り返しても上達はしないでしょう。

上達しないどころか、手首や腕を痛めて
しまう場合もあるのでポイントを抑えた
練習方法が重要になります。


◇サーブを上手に打つポイント◇

ボールにスピードを持たせるためにラケット
スイングのスピードを上げましょう。

スピードを上げるためには、ラケットの
持ち方が重要になります。

ラケットは根元を握らず、腕全体を使って
肘から出すようにし、手首をしならせます。


次のポイントは、できるだけ高い打点で
ボールを打つことです。

テニスはボールがネットを越えなければ
ゲームになりません。

テニス初心者は、このネットを越えるように
ボールを打つだけでも一苦労だと思います。

ネットの向こう側に打つために、できる
だけ高い打点で打つ練習をしてみましょう。


次のポイントは、膝、です。

膝を十分に曲げ、バネのように伸び上がり
高い打点を目指します。

膝を曲げずに伸び上がってもなかなか
高い打点で打つことは出来ません。

膝をしっかり曲げ、体を弓のようにしならせ
伸び上がり手首のスナップを利かせることが
できれば、パワーもスピードもあるサーブを
打つことが出来るでしょう。

Posted by gswin : 20:09 | Page Top ▲

テニスのマナーを学ぼう

フランス生まれイギリス育ちのテニス
お国柄の通り紳士・淑女のスポーツとして
現在でも世界中で愛されています。

テニスに限った事ではありませんが、
スポーツにはマナーがつきもの。

マナーを守る事でお互いが気持ちよくプレー
する事ができます。

相手を思いやり、相手を敬い、礼を重んじ
競技を安全にスムーズに行うための大切な
役割をもっているのです。

ここではテニスのマナーについて簡単に
触れて見たいと思います。


◆セルフジャッジのマナー◆
審判を付けずプレイヤー自ら審判の役割も
こなす場合は、相手に有利な判定をする
のがマナーの大前提。

たとえば、ボールがインしたかどうか
迷った場合は相手に有利な判定を下します。

テニスは紳士淑女のスポーツということを
念頭に行動する必要があり、そういう意味
ではセルフジャッジの判定の如何によっては
そのプレイヤーの人間性や信頼性を測ること
ができるともいえます。

ギャラリーが居る場合は、彼らにも自分の
姿勢を見られることになりますが、そうで
なくても恥ずかしくない判定を下すよう
心がけましょう。

◆試合中のマナー◆

・サーブを行う時は、ボールは2個のみ
 用意し試合中は同じボールでプレイ
 します。

3個も4個も用意するのはマナー違反
なので注意しましょう。


テニスのプレイスキルの向上ももちろん
大切な事ですが、試合への姿勢や心構え
といったマナーの向上も図ってこそ、
立派なテニスプレイヤーと言えるでしょう。

Posted by gswin : 21:53 | Page Top ▲

テニス上達の鍵?イメージトレーニングの方法

どんなスポーツでも、より良いプレイをする
にはイメージトレーニングは欠かせないで
しょう。

上手にイメージトレーニングをするには、
自分の理想のプレイを頭の中で鮮明にイメー
ジする必要がありますが、いきなりイメージ
しろと言われてもなかなか難しいですよね。

そんな時は、プロプレイヤーのDVDや動画を
参考にすることをオススメします。

テニスの一流プロプレイヤーのプレイは、
テレビでも見ることができますし、DVDも
沢山発売されていますのでそれらを見れば
イメージしやすいと思います。

何度も繰り返し見て、頭の中にその姿を
焼き付けます。

このとき、自分のお気に入りのプレイヤー
や、理想のプレイスタイルのもののほうが
効果的です。

目を閉じてお気に入りのプレイヤーのプレイ
が頭に思い浮かべられるようになったら、
その姿を自分に置き換えてイメージします。


人間の体は、脳から発せられる様々な信号
を受けて動くようになっています。

つまり、緊張や不安といったストレスが脳に
かかると、上手に信号を送る事ができずに
体が思ったように動かなくなってしまうという
ことも。

ですので、実際に試合に立つ自分をできる
だけリアルにイメージし、緊張や雰囲気に
慣れておくようにします。

これを繰り返せば、本番で緊張しにくくなる
でしょう。

効果的にイメージトレーニングをするための
環境ですが、寝る前や入浴時などリラックス
した状態の時
が理想的です。


どんなスポーツ選手でもプロと呼ばれる
プレイヤーのほとんどは、イメージトレー
ニングが重要であると考えています。

テクニックや体調といったフィジカル面
だけでなくメンタル面のコントロールを
完璧にこなしてこそ、トッププレイヤーと
言えるのでしょう。

テニスプレイヤーとしてより高い場所を
目指すのであれば、イメージトレーニング
は必須であると言っても過言ではないと
いえます。

Posted by gswin : 10:55 | Page Top ▲

テニスニュース